中学校向けキャリア教育の授業コンテンツのご案内と過去の開催例

若年層への会計教育の提供について

「会計」とは単に「お金の計算」や「帳簿付け」と考えられがちですが、実はもっと深く文化に根ざしたものであり、「会計」の考え方が知らず知らずのうち、人々の生活に大きな影響を与えています。「会計」を経済社会の基盤(インフラ)としてとらえ、若いうちから会計教育を行い、正しい説明責任の意識を培っておくことは重要と思われます。 私たち公認会計士は、会計の現場にたずさわっている経験を生かして、子供たちに会計教育を是非提供したいと思っています。

中学生向けのコンテンツ一覧

※コンテンツは随時追加いたします。 ※横にスクロールし閲覧できます。

No. 対象学年 所要時間 テーマ・タイトル 内容
1~3年生 50分 Save the Taco-kichi!
※座学
赤字のたこ焼き屋を救うため、損益分岐点の考え方を使ってアドバイスを考えてもらいます。
1~3年生 100分 新興企業パイナップル社の会計をみてみよう!
※グループワーク
グループディスカッションを通じて、チームとして正しい「損益計算書」を作成してもらいます。(不正に気付けるか。)
1~3年生 100分 利益ってなんだ!?
※グループワーク
牛丼屋の経営ゲームを通して、価格、バイト人数、出店場所、また周りの同業者の経営戦略といった様々なことを考えて利益を出す方法を学んでもらいます。
2~3年生 100分 コンサルタントになろう
※グループワーク
赤字の焼肉屋を舞台に、各部門の部長等の話を基に、会社の問題点や改善点をグループで話し合ってもらい、正解は1つではないこと、仮説思考などを学んでもらいます。
2~3年生 100分 損益計算の仕組みを学ぼう
※グループワーク
会社の成長は利益で測り、利益は損益計算で求めること、また、グループワークを通して損益計算書の仕組みを学んでもらいます。
2~3年生 100分 内部統制ってなんだ?
※グループワーク
花屋を舞台に、起こりうるリスクの所在を予測し、防止できる仕組みを考える必要があること、不正を防ぎ、会社の決算書を正しく作るには、内部統制を築くことが大切であることを学びます。
3年生 100分 財務分析と将来予想
※グループワーク
損益計算書と貸借対照表の役割について学び、実際の会社の損益計算書、貸借対照表を用いて、その会社が上手くいっているか否か、グループワークで分析をしてもらいます。

過去実施校一覧

詳細はこちら

今後の「ハロー!会計」実施予定について

日本公認会計士協会